So-net無料ブログ作成

コンサートの感想、10月12日(日) [音楽]

コンサートに行ってきました。今日の演奏は素晴らしかったですね。
目当てにしていた、Yuri Temirkanov(ユーリ・テミルカーノフ)が病気で代理に代わったとの手紙がきていたので、少しがっかりしていたのですが、代理の指揮者のYuri Simonov(ユーリ・シモノフ)は素晴らしかったので大満足です。オーケストラは、St.Petersburg Philarmonic orachestra(サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)。
曲目は、
Romeo and Juliet/Tchaikovsky(元はIntroduction and Allegro/Elgar)
Piano concert #1 in B flat major/Tchaikovsky
Enigma Variations/Elgar

ユーリ・シモノフはロミオとジュリエットが得意なようで、譜なしで振っていました。
彼の指揮はキューがはっきりしているし、延ばす、盛り上げる、抑える、などの指示も明確でした。指揮だけでなく、アンコール(1曲目の曲はわかりませんでしたが、更にアンコールに応えた2曲目は、ワーグナーのローエングリン(第三幕への前奏曲)でした)への応え方、観客とのアイコンコンタクト、団員とのコミュニケーションの仕方などを見て、彼自身が一流のエンターテイナーなのだと感じました。まさに「音を楽しむ」という雰囲気が大変良かったです。

ロミオとジュリエットは、上手いオケが一体になっていて素晴らしかったです。
音のダイナミックスが素晴らしい。タイミングが全然ずれずにピアノからフォルテへ。

チャイコフスキーのピアノコンチェルトのソリストも変更になり、Elisso Virsaladze(エリソ・ヴィルサラーゼ)からDmitri Alexeev (ドミトリー・アレクセーエフ)へ。エリソ・ヴィルサラーゼを聴いてみたかったのですが、仕方無いですな。代理のピアニストは音を聞いた事がない人だったのですが、明るい音色の持ち主でした。チャイコフスキーのぴあの協奏曲のフォルテは下手に出すと、音が割れてなんだか汚くなってしまうのですが、それが全くなく、チャイコフスキーらしいキラキラ感がでていたように思います。ちなみは見かけは、白髪小柄でアシュケナージのようでした。

エニグマは、イギリスで公演するから聴衆を喜ばすために選んだのでしょうか。
大変上手な演奏でしたが、なんとなく違和感がありました。ロシアの演奏法とエニグマがなんとなくマッチしないような?もうすこししっとり感があっても良かったかなぁ。。。いや、大変贅沢な文句ですが。しかし、エニグマの演奏は難しそうです。

指揮者のYuri Simonovは☆5つ。
サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の演奏レベルは非常に高い!しかも演奏が熱い。こういう熱い演奏のオーケストラには、是非ロシアもので攻めてもらいたいです。ロンドンでは、チャイコフスキーとショスタコーヴィッチを演奏するようですが。
ロミオとジュリエットには文句無く☆5つです。

この間のコンサートに比べたら、充足度の高いコンサートでした。
もっと沢山、良い演奏を聞きに行きたいなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。