So-net無料ブログ作成

Oxfordの穴場(?)にトラップされる、6月7日(土) [英国紹介・英国文化]

弓のセミナーでオックスフォードに行ってきました。天気がよかったので、散歩に行くかと行って向かったのは、ハリーポッターで有名なクライストチャーチカレッジにでも行くかと思ったのですが。。。何回も通ったはずの道を行き、ふと横をみると、こんな建物が。。。
Bate collection1.JPG

おや、楽器が見られるのかしらん、それは面白い、と思い、思いきって入り口にいくも「ベルを鳴らしてください」と書いてあります。もしかしてとんでもなく怖いところだったらどうしよう、といぶかりながらも意を決してベルを押してみると、ドアロックの開く音がし、無事に中に入る事ができました。
館内は然程広くはないのですが、圧倒的な木管楽器のコレクションが展示されています。楽器オタク(?)にはたまらない一品といえましょう。クライストチャーチがどうでもよくなってしまいました。完全にここにトラップです♪

ハープシコード?スピネット?すみません、あまりに嬉しくて説明を見ていませんでした。
しかもどれがどうだか見分けがつきませぬ。むふぅ。
よく見れば、写真の奥にはセルパンがあります。
Bate collection2.JPG

おお、トラベルソ?フルート?
Bate collection3.JPG

おお、ナチュラルホルン〜♪
Bate collection4.JPG
木管楽器が圧倒的でしたが、金管もなかなかのもので、サックス氏の作ったサックスも展示されていました。展示を熱心に見た後、売店管理のおじさん(土曜だけのバイトなんだそうです)と雑談をしていたら、気に入ってくれたとみえて、ヴァージナルのレプリカを弾いてみるか、と言ってくれました。折角なのでとりあえずバッハの中で唯一暗譜している曲を弾いてきました(汗)。良い音がして大変嬉しくなっちゃいました。

え?本業の弓?足が痛いので、もう引退かしらねぇ。。。ブルブル。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

snorita

渋い場所ですね。サックスがサックスさんによって作られたということを、今知りました(恥)。急に聞きたくなりますね〜。

by snorita (2008-06-11 13:23) 

黒い招き猫

これは楽器というより芸術品ですね。すばらしい。
(できることなら手に取ってじっくり見てみたいものですね。)

by 黒い招き猫 (2008-06-12 19:42) 

櫻

昔のサロンに置く鍵盤楽器ってこんなにきれいに
装飾されてるんですね。
このままの形と、音量で残っていたら室内楽も
今の形式とは違っていたのかも・・・。
この楽器の上に、そっと・・・・・・・・・猫を配置したい私です

by (2008-06-16 19:42) 

どらとら

snoritaさん<サックスの音はいいですよね〜。ジャズでサックスを聞くとその良さも引き立つなぁ、なんて思います。

黒い招き猫さん<芸術品ですねぇ。残念ながら手には取れないんですよね。。。

櫻さん<美しい楽器ですよねぇ。この楽器を絵に描いて、その上に猫さんを配置したら良いかもしれないですね〜。
by どらとら (2008-07-28 07:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。