So-net無料ブログ作成

誕生日に寄せて、5月20日(土) [人間]

今日も、まだ生きてくれていてよかった。

母の誕生日に寄せての感想である。

少しはセンチメンタルにでもなり、彼女との昔の思い出を辿ろうとすると、
幼少の頃の、朧げな、あまりよろしくない思い出の断片が少々、その後は一気に飛んで、
私が大学時代にピアスを開けたがために家を勘当されたという、負の記憶が浮かび上がる。
この辺りまでの思い出は、整理箱に入っていて、押し入れ保存中の扱いだ。

押し入れにしまわれずに、すぐ取り出して眺められるような、飾り棚に陳列されるような記憶が出来始めたのはいつだろう。
現在から過去に遡ることにより、記憶に強制をかけて修正される可能性を最大限排除する為に、
記憶の陳列棚を整理する事なく眺めてみれば、私が北米留学から帰り、民間会社に就職した辺りだと推測する。

北米で劣等感に苛まれ、涙を流しながら暮らした生活に疲れきっていたからこそ、現地で受けた親切の数々が心に染み、遅まきながら人の優しさを本当の意味で理解し始めたこと、ついに金銭的に独立するんだという自負、会社で出会った新しい人々との楽しい交流…様々な要素が絡み合い、自分の中で感情の化学反応が起こったらしい。

自分が心のどこかで嫌い、しかし心の拠り所としてどこかしらで頼り、相手の方が感情を押さえる術を知っているのを利用して感情のままに攻撃していた母を、多面体として違う側面から見る事ができるようになった。心構えが変われば、家族として、多少の文化を共有している分、仲が良くなるのも早かった。勿論、私の心構えの変化だけではなく、彼女自身の環境に適応していく能力が高い事も助けとなった。

そんな彼女も、還暦を過ぎて大病をした。
後3年半以上生きて、暗黙の内に皆が抱えている医療統計上の不安を払拭して欲しい。

昔は、「なんでこんな人の子供に生まれたんだ」と思って止まなかったが、今でこそ「この人の子供で良かったんだ」と素直に思える。

そんな貴女に送ります。

お誕生日、おめでとう。


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 7

黒い招き猫

この記事を読んで久しぶりに両親のことを考えてみようと思いました。
by 黒い招き猫 (2006-05-20 22:44) 

Watcher

私も、まったく同感です。
こちらに来てから、両親や肉親のありがたみがわかりました…。
by Watcher (2006-05-21 04:47) 

ガワ氏

私も、同感です。
読みながら、両親の顔が浮かびました。
by ガワ氏 (2006-05-21 20:46) 

どらとら

黒い招き猫さん、はい、たまに考えるのも良い事かもしれません。

Watcherさん、そうですよね、遠くに来るとありがたみが3割増ですね。

ガワ氏さん、私も彼らの顔を浮かべて書きました。有難いものですよね。

そして、KDNさん、トキナさん、usagiさん、niceをありがとうございます。
by どらとら (2006-05-24 01:10) 

snorita

生きておられる間に気がついて良かったですね。本当にね。
by snorita (2006-05-24 16:59) 

イヌック

まだお母様にはお会いした事はありませんが,是非よろしくお伝え下さいませ.
by イヌック (2006-05-25 03:13) 

どらとら

snoritaさん、その通りでございます。

イヌックさん、はい、母はそちらの名前を良く存じております由…。
by どらとら (2006-05-27 02:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。