So-net無料ブログ作成
検索選択

よれよれ北米放浪記-12(完結編)、12月15日(木) [北米紹介]

ついに完結編で、よれよれ北米放浪記-11からの続きです。

とにかく心の限りをつくして祈る。

「お願いだから飛んで下さい」

雪の為に、全く先端が見えなくなったトロントの摩天楼に、凍結した窓越しにみたトロント空港の除雪車。

数十分の静寂のあと、飛行機の爆音が聞こえ始めた。
よかった、まだ完全に空港は閉鎖されていない。
祈り始めて既に50分。午後8時前。飛行機が温シャワーを浴びだした。

一縷の希望が灯る。

!!!

エンジン音が大きくなる。

飛んだ!

一安心。
だが、時間に余裕は全くない。上手い事遅れずに着いたとしても、ロンドン行きの飛行機出発までに15程しかない計算だ。
しかも、今乗っている飛行機に、キャンセル待ちの後に乗れるかどうかの保証が無かったため、元々のロンドン行きの予約は取り消され、キャンセル待ち扱いになっている。時間が無いにも関わらず、ワシントン空港で、ロンドン行き飛行機のキャンセル待ち申請をしなければならない。
ワシントン空港に降りた事はなく、勝手がわからないので、どのくらいゲートが離れているのか全く見当がつかない。非常に不安だ。
飛行機が空港に到着した。とりあえず、走って出発便モニターへと急ぐ。次の飛行機のゲートを確認。今でに、こういう状態でキャンセル待ち申請をした事がなかったので、一瞬頭が混乱し、どこに行くべきなのかを逡巡するが、「もう何でもありだ」と兎に角出発ゲートに急ぐ。

兎に角、走る。走る。走る。

まずい、後5分で予定出発時刻だ。
走りながらちらりと出発用モニターを見る。

ON TIME

まずい、全然遅れてない。
息を切らせて到着すると、黒山の人だかり。
これは、皆キャンセル待ちか!しかも、どの人が受付済みで、どの人がそうでないのか全くわからない。ううむ。

フランス中国と違い、英国では、「何事にも順序良く並ばねばならない」という不文律があるが(日本でもそうか)、もう何でもいい、この瞬間は何人になってもいい、必死で人をかき分けて前に進み、乱れる息で
「ロンドン行きのウェイティングリストに名前が載っているはずの、どらとらです」

と告げる。ベテランのおばさまに、横で待つように促され、彼女が端末を操作するのを見守る。
プリンターからガーっと航空券が吐き出されて来る。

「終った…。帰れる。」

「帰れるよ。」

「これで英国に帰れる。」

ロンドンーグラスゴー間は、万が一遅れても晩9時くらいまでは飛ぶからなんとかなるだろう。ということは、

「次の日の日本便にも乗れる。」

感無量。

この時ほどホッとした事は無い。
飛行機は、今までに少なくとも何万マイルも乗ったが、これほど緊張し続けたことはなかった。全てが終わり、もう、究極の脱力だ。射撃をする時は、脱力して撃て、と言われるのだが、今撃ったら当たるかもしれない、などとくだらない事が頭を駆け巡る。

とにかく、よれよれ放浪記をやっとここで締めくくる事が出来て、喜ばしい限りであります。今まで、だらだらやってきた、「よれよれ北米放浪記」を今まで読んで下さってありがとうございました。

なんとか終われてよかったよ(安堵)。


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 6

コメント 10

袋田の住職

ハリウッド映画みたいな劇的なクライマックスでした♪
ハラハラドキドキだった私もホッとした次第でございます・・・

先日もニューヨークで大雪だったそうですが
このころから異常気象だったんどすね。
地球は気候変動の時代に入ったとか言われています。
by 袋田の住職 (2006-02-18 08:58) 

gutta

ほんとにお疲れ様でした。ハッピーエンドでよかったです。
by gutta (2006-02-18 09:39) 

usagi

安堵の道程が目に見えるようです。良かったね!
お帰りなさーい♪
by usagi (2006-02-18 17:39) 

KDN

雪の中の離陸は怖かったでしょうね。来月トロントに行くんですが…嗚呼。
しかし米国系の会社ってみんなこんな感じなのかな?まだ乗ったことも乗る予定もないので…アメリカ人は普段は並んでも自己主張が必要な局面では絶対並びませんよね。どんな時でもならぶ英国人との違いだと思います。日本人は…普通の日本人は英国式ですかね。そうじゃない連中も一定の比率でいますが。
今年は5回飛行機旅に出ないとイケナイのですが、どらとらさんが僕の分まで厄を背負っておいてくれたと信じることにします(笑)。
by KDN (2006-02-18 17:53) 

黒い招き猫

よかったー完結おめでとうございます。
二度もない経験かと思います。これが何かに役立てばいいですね。
(二度は嫌ですよね(笑))
by 黒い招き猫 (2006-02-18 21:09) 

ミホ

無事、完走(?)おめでとうございました♪
冬場は天候荒れも頭に入れて旅行しないといけませんね~。
ベンキョウになりました(笑)。
by ミホ (2006-02-19 04:31) 

どらとら

袋田の住職さん、最後まで応援ありがとうございました。今だから書けることですが、英国を経て日本に着いた時は、疲労困憊でしばらく何もする気分にもなれませんでした。

ぐったさん、応援ありがとうございました。UAだけでなく、NW社にも気をつけます(笑)。

usagiさん、ただいまです〜。あの時は本当に安堵しました。
by どらとら (2006-02-19 08:17) 

どらとら

KDNさんが、無事に旅行日程を終了されることを祈っております。トロントは交通機関も発達しているし、買い物するにも安価で質も良い物がそろっているし、食べ物は豊富だし、かなり良い所だと思います。ただ、この時期はどうしても雪が心配ですが。

黒い招き猫さん、いやぁ〜二度目はもういいです。荷物つかないと本当に不便ですし(そういえば、日本に弓の練習に行ったのに弓が着かずに、練習できなかったこともありましたねぇ…)。

ミホさん、ありがとうございます。冬の北米への旅行は、雪に重々ご注意くださいませ(笑)。
by どらとら (2006-02-19 08:21) 

mayu

よかったー!!!
全12回、たいへんドキドキさせていただきました。
ご無事でなによりでしたー(><)
by mayu (2006-02-19 10:37) 

どらとら

mayuさん、応援ありがとうございました。終ってホッとしておりますよ。
by どらとら (2006-02-21 03:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。