So-net無料ブログ作成
検索選択

よれよれ北米放浪記-10、12月15日(木) [北米紹介]

佳境に入って来ました…。

<第八日目、12月15日(木)>
昨日から来るはずの嵐は、朝の時点ではまだ来ていない。

朝10時からボスの講演なので、指定の病院に向かう。新しく建てられた病院で、美しい。パキスタン出身のタクシー運転手さんが、「カナダに移民してきて良かった」と幸せそうに言っていて、束の間、自分も幸せになる。

ボスの講演内容は、自分の出した成果がメインであったが、ボスの闊達な性質を裏切らない、はきはきとしたイングランド発音英語で非常に聞き取り易かった上に、際立つスライド作りの上手さ、ポイントを押さえた説明で、非常に素晴らしいものであった。やはり、自分の上司の出来が良いと、こちらも勤め甲斐があるというものだ。
そこのラボのメンバーに、たまたまグラスゴーの大学からカナダに仕事で移住し、トロント近くに住むKもやって来て、アウェイながら、ホームのグラスゴーに近い雰囲気(?)での昼食会となった。

ラボの人達と別れ、ボスを置いて、私はKと共にトロントのダウンタウンへ。しばらく会えないKともお別れを言い、私は兎に角空港へ急ぐ事に決めた。現在2時過ぎで、フライトは晩の7時だ。もう雪がちらついて来ている。
3時前の空港行きバスに乗り込む。全く動かない。
いつもなら、ダウンタウンから空港まで45分。1時間経ってもまだダウンタウンを抜けられない。2時間経った。着かない。もう5時だ。嫌な予感に満ち満ちて来た。

5時15分くらいにトロントピアソン空港に着く。
UAカウンターでワシントン経由でグラスゴーまでの予約を取っている旨を伝える。

「あなたの予約しているワシントン行き19時発は大幅に遅れるため、その後の乗り継ぎ、21時45分発ロンドン行きに乗れません。」
「…」

しかし、彼はちらっと時計を見て、
「今なら、前の便に乗れるかもしれません。スーツケースを見せて下さい」
「これです」
「危険物は?」
「(実はカミソリが入っていたのだが、反射的に)ありません。」
「チェックインしている暇はありません。今直ぐ、その荷物を持ってゲートに急いで下さい。あなたの名前を、ウェイティングリストの中でも優先順位を高い所に載せておきました。走る必要はありませんが、早足で行って下さい。」
「ありがとう、お兄さん(チュッ←気持ち)」

しかし、問題はその後だ。アメリカのようにSSチェックをされていたら間に合わない…などと考えていたら、うはぅ!税関の前に長蛇の列。

「ここで前に割り込ませてくれと頼む恥(?)を惜しむは、英国に帰れないばかりか、その翌日の日本行きもパーになる激烈な事態なり」

何を迷う事があろうか、と係員に頼み込む。係員はチケットを見て、冷たく言い放つ。
「そのチケット、5時20分発ワシントン行き、って書いてあるわよ。もう間に合わないんだから無駄無駄。」
「(うーむ気付かんかった、まぁええわ。ゴリ押しだ。)今、間に合うからと、発券されたばかりだから、間に合うはずです。兎に角、先頭に入れて下さい。」

こうやって問答していると、同じような状況の人が数人出て来た。結局皆で先に通してもらうことに成功。カナダの税関は米国より優しいなぁ。
さて、一番遠いゲートまで、ぜいぜい言いながら全ての荷物を持って走り、待つ事1時間程。こんなことなら、走らなければよかった。
かなり遅れながらも搭乗が始まる。既に6時半。マイレージを沢山持つ、ゴールドカードの人や、会社から派遣されていると思しき人達が、次々とウェイティングリストから呼ばれて行く。搭乗口のまわりには、ウェイティングリストから名前を呼ばれるのを待つ人で溢れている。皆、不案そうな表情を浮かべている。数人が、あと何人乗れるんだ、と係員に詰め寄っている。搭乗が始まって既に30分以上経った。

「もう乗れないかもしれない…ロンドン行きも、次の日の日本行きも全部パーか…。そして、今晩はワシントン空港で一泊かぁ…。」

90%諦めに入った。
が、機内と連絡を取っていた係員が、数枚の搭乗券を発券し出した。

皆の目が輝き出す。

まだ乗れるのか?

ぽつぽつと、名字が呼ばれる。
3人呼ばれた。
私の名前はその中にはない。

やっぱり駄目か…。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 2

コメント 5

ポポチビ

どらとらさんの放浪記は、推理小説よりずーっとドキドキします!
はやく続きが読みたいです。楽しみにしてま〜す。
by ポポチビ (2006-02-07 14:05) 

mayu

どらとらさん、あまりのドキドキっぷりに読み逃げばかりしてましたが、
イーーーヤーーーー!!!!!!!
こんなとこでやめないでぇ!!!!!

ところで、遅ればせながら、おかえりなさい、グラスゴー!
by mayu (2006-02-07 17:09) 

黒い招き猫

うわー.いい所で終わってる...気分はいったんCMですモードです。
(あとエサを前に 待て をくらっている犬の気分かも)
by 黒い招き猫 (2006-02-07 20:26) 

Tomo

うーん、それでそれで、っていう気持ちです。続きが楽しみ。
by Tomo (2006-02-07 23:37) 

どらとら

ポポチビさん、そういっていただけると有り難いです。ですが、実際起こっている時は、やや精神衛生上よろしくなかったようで…。

mayuさん、はい、ただいまです。もうすぐ終りますが、また読んで下さいね。

黒い招き猫さん、うーん、じゃぁ、CM。ぅわん!(犬になってみました。)

Tomoさん、うーん、実際経験すると、あんまり生きた心地がしませんでしたよ〜。
by どらとら (2006-02-08 07:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。