So-net無料ブログ作成
検索選択

終戦記念日に思う事、8月15日(月) [教育・議論]

BBCには、8月15日の日本での終戦記念日を受けて、VJ day, your viewsという意見掲示板がある(興味の有る方はこちら)。
皆さん、VJ dayの意味が分かりますでしょうか。

VJ = Victory Over Japan。Victory Over Japanとは、「対日戦勝の日」という意味で、戦勝国側からの名称なのだ。

この掲示板には、色々な意見が書き込まれている。読んでいると、様々意見に遭遇する。どうしてそう考えるようになったかを考えさせられる。この際、自分の意見を振り返ってみようと思う。

<自分の意見>
1、如何なる戦争の擁護もしない。
2、靖国神社参拝賛成。

<日本政府への要望>
1、戦争をどう考え、どう咀嚼するのか、そして、何故、靖国神社参拝にこだわるか、歴史を元に(戦争—近代史、靖国—招魂社の歴史)、国内、近隣諸国にきちんとした形で説明して欲しい。
2、 学校で、日本の歴史、特に近代史を強化して学ばさせて欲しい(多角的に戦争をとらえる、自分の意見を展開する為には、知識が不可欠)。


<自分の意見>の部分、<日本政府への要望>に絡めて簡単に説明します。

1、如何なる戦争の擁護もしない。

戦争は、高度に政治的だ。そして、プロパガンダ戦略で、他の国の参戦が決まる。アピールしたものの勝ちだ。
日中開戦後、何故、日米開戦になったのか。上の二つの要因(政治、プロパガンダ)をはずしてそれを語ることはできまい。
確かに、西洋の帝国主義を模倣した日本の帝国主義による中国侵略は、今思えば、非常に浅はかな事である。そして、「なんてバカな事をしたのだ、恥ずかしい」と、過去をなじり、自分(の祖先)を責めるのは簡単だ。だが、過去を責めるだけでは何も進歩しない。私は、いかなる戦争も擁護しない。しかし、過去の戦争の歴史から学ぶ事は多いはずだ。過去を真摯に受け止め、再び世界が狂わないように、ネジを締め直す教訓を学び取るべきだ。


2、靖国神社参拝賛成。

靖国神社建設の目的を考えれば、首相参拝は何もおかしな事ではない。日本国の為に戦った人は、死んで神になる。その人々(英霊)が祀られているのが靖国神社だからだ。戦争は擁護しないが、これまで日本の為に戦った人がいてこそ、今の平和な日本がある。敬意は示すべきではないか。

ただし、靖国神社には問題がある。それは、「靖国神社に対する日本の政府活動、日本の高度政治的活動が不透明過ぎた」ことである。
まず、靖国合祀の基準が一定ではない。病死や、国賊側が合祀されないのは何故か。
そして、1971年に靖国神社へA級戦犯の合祀決定が総代会でされるも、実際の合祀は宮司に一任。1978年に合祀され、1979年になるまで、その事実が一般には知らされなかった。その不透明性を何と説明するのか。

「A級戦犯を定めた東京裁判を違憲と考え、戦犯の名誉は回復された」と、総代会及び、日本政府は考えたのか。しかし、一部の政治家+αがそう考えたとしても、それを国民に知らせ、対外的に明確にするまでは、全く世に認められていないと言って良い。これらの対処の不明瞭さに、私は大きな問題があったと考える。

Hによれば、北京のメディアでは、「日本政府は、戦犯を祀った場所を参拝することにより、戦犯を英雄扱いし、かつ、戦争を善と考えている。実にけしからん。」という感情論が日々、でかでかと展開されているらしい。

実際日本政府は、戦争を擁護しているのか?そういうようには思えない。だが、政府は、「A級戦犯として処刑された人達は、天皇制を守る為の人身御供、かつ、東京裁判は違憲であるから、彼等の名誉は回復された。」と合祀時に公式に宣言したか?ノーだ。これが日中間の大きな誤解の元ではないか。

「日本の常識は世界の常識にあらず」だ。日本のように、「察する」文化は、隣国中国にはない。外交の場になれば尚の事、有り得ない。はっきりと宣言してこそ、それは、政府の正式見解として受け取られる。政府がそう決めるのであれば、受けるであろう非難も当然、予想し、それを受け止めるべきだ。

これまでの政府に、それが出来ていたのだろうか。ノーだ。物事をうやむやにする態度は、国際政治を複雑にするだけだ。
政治家や、外務省高官への高い給料は、日本国内の権力争いや私腹の肥やしの為に払われるのではない。近代史、国際情勢、政治、経済などに精通する為の勉強代と考えてもらいたい。それでこそ、自信を持って、日本国民の代弁ができるのではないか。

日本には日本の戦争の見方があってしかるべきだ。もちろん、戦争を肯定するようなものは論外だが、政府には自国の主張を明確に展開してもらいたい。それでこそ、日本人として過去から学び、戦争を乗り越え、日本文化と日本人であることに誇りを持つことができた証になるというものだ。

平和な現在に、終戦記念日は、戦争を思い出す良いきっかけだ。テレビを鵜呑みにすることなく、自分なりに、日本人のルーツを辿ってみる良い機会と思う。国民が先人の善行/愚行を顧みず、ただ、その存在を責め、否定する国に未来はないのだから。


nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 13

tukushi

ほぼ内容については私も同意見です。
近代史教育の強化については自分のところにも書きましたが、極端なくらい近代史を知らない若者が多すぎると思います。いっそのこと奈良時代くらいまでは一時間くらいでいいかもしれません。
また、靖国神社への参拝は、最近になって祖父の兄がまつられている事を知って私も8月に参拝に行くようになり、首相の参拝自体も「日本のために」という点で賛成です。諸外国に対する明確な説明が十分ではないですが。A級戦犯の合祀については経緯は初めて知りました。まだまだ、国内でも議論が必要なようですね。確かに、戦争を進めた張本人としては悪でしょう。しかし、それを肯定するわけではありませんが、東京裁判で東条英機がその後の日本の将来を考えて、責任を一人でかぶろうと努力したのは個人としての想いを感じた瞬間でした。
また、Remenber PerlHarborとか言って太平洋戦争に入った理由を説明するアメリカも、それまで日本をいじめ抜いた(ハルノートが決定的か)結果に日本が切れた、ということもまだまだ知られていないでしょう。
「日本の常識は世界の常識にあらず」という言葉は胸に響きました。私も最近感じていることです。西洋の文化、中国の文化が世界を席巻しつつあることで議論の進め方などUNを筆頭に様々なところで西洋化していると感じます。しかし、忘れてはいけないのは「日本人の常識が世界の常識を変えられる」というところだと思います。思いたいのもありますが。欧米一辺倒の考え方が2度の世界大戦、そして東西冷戦を生んだのだろうし、多様化する世界を認めていくためにも日本が1500年近く受け継いできた「寛容の文化」「まず相手を受け入れる文化」は世界に示すことができる考え方だと私は思います。
by tukushi (2005-08-16 09:03) 

from Mexico

Good Opinion!
I aggree with you entirely.
There are many misunderstanding between China and Japan.
Although Chinese has many many bias, Japanese also must continue to explain clearly all over the contry.
When I go to Japane, i go to the yasukuni-shrine.
I realy feel sad that some Democrats criticized the Yasukuni issue.
by from Mexico (2005-08-16 11:00) 

黒い招き猫

13日に千鳥ヶ淵.靖国に参拝しました。(15日は騒がしくなるので)
あと靖国神社参拝には賛成です。
あとこれを政治問題にする連中の気持ちがわかりません。
( 戦争でなくなった方々を追悼する だけではいけないのでしょうか?)
by 黒い招き猫 (2005-08-16 21:14) 

かりんこ

 小泉首相が戦争犠牲者を悼み平和を祈念すること自体は、素晴しいと思います。しかし、その表現方法には大いに問題があると思います。

 どらとらさんも言う通り、合祀問題を始めとして、靖国神社の在り様は非常に分かりにくいです。しかも現在の靖国神社って、英霊を祀ることを目的とした一宗教法人ですね。「日本国の為に戦った人は、死んで神(英霊)になる」というのは一種の信仰心ですし、英霊を祀っている場所へ「参拝する」のは一種の宗教活動ではと思います。
 私人が参拝するのなら全く問題のないところですが、仮にも政教分離を掲げる一国の首相が、「自国の為に戦った人」への敬意を表するための手段として、「参拝する」という名の宗教活動を実施することに対し、大きな抵抗を感じます。
 もちろん首相個人の信教の自由は守られるべきとは思いますが、関係閣僚やマスコミを大勢伴っての参拝は、いくら公私の別なしと言っても、政治的実効力を持つことを免れませんし、アジア各国の誤解を招きながら参拝を強行することが外交的に得策とはとても思えません。

 靖国参拝ではなく、「日本戦争資料館」みたいなものを作って、過去の戦争における資料や国の見解を展示し、首相が年に1回館内を見学して、国民に歴史学習を啓蒙するというのはどうでしょうね。見学後には声明文でも読み上げて、戦没者へ哀悼の意を表明すればいい。
 現在の日本は宗教に対して鈍感ですから、多くの日本人にとっては習俗に過ぎない「参拝する」という行為も、海外から見たら結構強烈に映るのかも知れません。宗教的ニュアンスを取り去り、日本の国意をシンプルに明示する努力をすれば、戦争問題についてアジア各国ともうちょい穏やかに対話できるかも知れないなと思います。
by かりんこ (2005-08-16 21:27) 

アキオ

同様の意見なのですが、それゆえ、現段階では、総理の参拝はどうかな、、と思っています。
一般市民の犠牲が多すぎた事を含めた事実が、先の大戦の反省であるべきで
靖国を参拝する事が、すべからく、対戦の英霊を奉ると言う思考になれ無いからです。

一億層火の玉、自決強要など、市民にしいた苦労も戦争の代償のうちでしょうから、、、
英霊は、靖国に奉られてる方々だけでは無いでしょ、と思う訳で、
by アキオ (2005-08-16 21:31) 

かりんこ

uploadしてから気づいたんやけど、一杯書きすぎてしまった。
すまぬ~
by かりんこ (2005-08-16 21:34) 

bikkin

私もどらとらさんの、「アピールしたものの勝ちだ。」ってのに激しく同意です。

欧米はアピールが上手ですよね・・・外交手腕が長けているとも言えるけど。
でもそれは、19世紀から現在までが欧米の論理で世界が動かされてきた
せいでもあると思います。同じ土俵で戦うには、文化の違う民族はやはり
劣ると思う。真意も恣意的な行動も、欧米の論理に則ってアピールせねば
ならないのは不公平ですけど、仕方がない。
日本(政府)はもっと、研究しなくては!!
口下手な日本人留学生は許され(?)ても、国家としては許されないと思う・・・。

それと、戦後60周年って騒いでいるけれど、そのほとんどが、「あの戦争は
私とは関係ない」っていうスタンスなのが気になる。マスコミもbolgの人も。

ものすごく客観的で冷静で、論理的なのは結構だけれども、同じ日本人として
の意識のない人が多い。自分の祖父・曽祖父の時代のことなのに。
まるで、「名誉白人」のような論調の人が多いのは「?」です。
なんなんだ、いったい。
by bikkin (2005-08-16 23:45) 

ど

(1)「国際関係の中でいかに日本を有利にもっていくか」
(2)「日本人のアイデンティティーを保つこと」
の2点のバランスかと思います。

私は靖国に関しては行くべきだと思います。

特に、中国は外交上で圧力をかければ屈する相手だとわかると、経済的な事柄とリンクさせ、搾り取れるだけ搾り取ろうとすることは目に見えています。
未だに続いている対中ODA(一般の中国民衆は知らされていない)や、ガス田問題などをみれば明らかです。その点、北より怖い国だと思います。
今回、小泉首相は靖国に行きませんでしたが、日本は外交上何も得ておらず、むしろ、中国国民は日本が新たに戦争責任を認めたというすり替えを行い、その世論で動かされるという形で中国政府は何らかの要求をしてくるのは必至だと思います。
by ど (2005-08-16 23:59) 

ど

戦争については、現代の国際法に照らして、今、議論すれば小学生の課外授業から国際会議にいたるまで、どこの団体主催の会議でも「戦争=悪」という結論に至ると思います(ただ、アメリカを除いて)。私もそう思います。

が、文明ができて以来ベトナム戦争のころまでは、外交のひとつのカードとして戦争があったのは事実で、1940年前後の日本の状況を考えるとアメリカに理不尽な扱いをうけ、欧米がアジアを踏みにじっている状況を考えると、戦争を選択した日本のみが狂気に満ちていたとはいえないように思う。
日本に限らず、帝国主義国(欧米日)が狂っていたことを明確に述べて、日本のみを批判するのは無意味だという国際世論を確固たるものとし、さらに条約上で賠償責任を放免されたにも関わらず、アジアに対して開発援助という名目でこれまで賠償をどれだけ行い、現在も行っていることを明確にすればいい。
東アジアのある国はそのスジの方のいちゃもん的な外交カードで日本をたたいているのに、日本の外交はおとなしすぎるように思う。
外交官の採用試験で口げんか(もとい、ディベート)を重要視すべきだ。偏見かもしれないが、政治家や外交官には育ちのいい方が増えているように思う。小さいときにけんかすらしたことの無い人が外交できるわけがない。
by ど (2005-08-17 00:19) 

どらとら

コメントをくださった皆様、大変ありがとうございました。沢山の意見をいただけてこそ、blogを書く醍醐味があるというものです。お返事はまとめて今日更新の記事に書こうと思っています。本当にどうもありがとうございました。

かりんこさんへ。
靖国神社は、神社だけではなく、境内に、素晴らしい戦争博物館「遊就館」が既にあります。日本の古代からの歴史展示がありますが、特に第二次世界大戦の詳述は、なかなか秀逸と思います。(参照:http://blog.so-net.ne.jp/Doratora/2005-06-30
by どらとら (2005-08-17 02:51) 

瑠璃子

こんにちは。コチラのブログにお越しくださりありがとう御座います。
ご挨拶がマダでしたね。大変失礼致しました。
これからもよろしくお願いします。
ちょっと横レスですが
>アキオ氏
戦争でなくなったから「英霊」というわけではなく、「戦地で戦って」亡くなったから英霊なのではないでしょうか。戦争で亡くなった一般市民の方は犠牲者であり、英霊という呼称は不適切かと存じます。
by 瑠璃子 (2005-08-18 17:16) 

どらとら

留璃子さん、コメント及び、TBありがとうございました。
気まぐれで、時事問題に触れたりしますが、留璃子さんのように専門にしている訳ではありません。日本人として、未来を考える為に、現在、過去を知りたいとは思っています。こちらこそよろしくお願いします。
by どらとら (2005-08-18 23:43) 

どらとら

かりんこさんの二個目のメッセージに返信です。
いえいえ、自分の意見をはっきり言っていただけて非常にありがたいです。
普段、この問題に関する意見は聞き辛いので。
by どらとら (2005-08-19 07:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。